www.nyoutlet.com
レビバ(Reviva) 大豆から抽出したイソフラボンたっぷりの若返り美容液 効能>>> 美肌、保湿、アンチエイジング

レビバ(Reviva) 大豆から抽出したイソフラボンたっぷりの若返り美容液

Reviva Lab レビバ
ソイインテンシブ・リジュビネイティンング セラム
Soy Intensive Rejuvenating Serum
$45.00(送料込み)
内容量: 1oz(29.5ml)


レビバ(Reviva) オーダー

参考為替レートチェック
只今の為替レートチェックはコチラまで。
大豆から抽出したイソフラボンたっぷりの若返り美容液

ヨーロッパから仕入れる特別の大豆抽出を主成分に、リビーバラボ社が作り出した、オリジナルプロダクト。

大豆から取れるイソフラボンは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンによく似た構造・働きをします。これを肌から吸収させる事で、細胞の機能を活発にさせます。乾燥を防ぎ、肌のハリ、滑らかさを取り戻します。また、日焼けによるダメージを受けた肌でも、この≪ソイ インテンシブ リジュビネイティング セーラム≫を6週間使い続ける事で、肌のハリを25%も、取り戻した事も発表されています。

肌が酸素を吸収しやすくなり、日焼けや老化によるダメージに強く対抗できる丈夫な肌を作ります。

イソフラボンのサプリメント商品、【大豆イソフラボン】はコチラまで

Reviva(レビバ)は、28年の歴史を持つ老舗のスキンケアブランド。ナチュラル成分を主体とした肌にやさしい製品は、どの肌タイプの方にもお使いいただけます。アレルギーテスト済み、オーガニック植物成分、抗酸化作用など、さまざまな視点からお肌へのメリットを追究したRevivaの商品は、スキンケアのスペシャリストからも大絶賛されています。
★その他のレビバ(Reviva)コレクションはコチラまで

イソフラボンってなに?

イソフラボンは、大豆の胚軸(芽)の部分に最も多く含まれていて、全部で12種類の仲間がありますが、代表的なものは、ダイズイン、ゲニスチン、グリシチンです。このイソフラボンが、
女性ホルモン(エストロゲン)とよく似た作用を持っていることがわかってきました。ただし、その働きは大変穏やかで、女性ホルモンの1000分の1以下ですから「フィトエストロゲン(植物性女性ホルモン)」と呼ばれることがあります。

美しい女性の強い見方

女性の美しさや若々しさには女性ホルモン(エストロゲン)が必要不可欠!だから、分泌量が減ってくる30代後半から、肌荒れや小じわなど肌のトラブルに悩む女性が増えてきます。「イソフラボン」は、女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きを持つ天然成分。 

次のような症状に効果があります。

・更年期障害 肌荒れ小じわ 肥 満 ・しみ肌の潤い

化粧品でのイソフラボンの活躍

女性ホルモンと同じような作用をもつイソフラボンは、美肌作りやボディケアといった化粧品にも活用され始めています。 たとえばイソフラボンは、皮膚でメラニンがつくられるのを抑える効果があることが、マウスの細胞を使った実験で証明されました。メラニンはご存知のように、シミやくすみの原因になる物質です。ですから、イソフラボンが配合された化粧品は、美肌効果が期待できます。肌荒れも女性の悩みの一つですが、イソフラボンを人の正常な皮膚に塗ってみると、皮膚の表面から水分が失われるのを防ぎ、角質層に水分を保つことかわかりました。つまり保湿作用が期待できるのです。また、皮膚を作っているのは、コラーゲンというタンパク質です。コラーゲンの代謝活性が低くなると皮膚の弾力性がなくなり、皮膚の老化へつながります。ところが、イソフラボンを塗ると、女性ホルモンと同じように、コラーゲンの代謝活性が向上することもわかってきました。


■使用方法

洗顔後の清潔な肌にご使用ください。少量を指先に取り、顔や首など気になる部分に、下から上へマッサージする動きでお使いください。


■配合成分

水、大豆細胞外マトリックス、ミレス3ミリスチル酸、デメチコン、植物油、カプリルグリシン、キサンタンガム(増粘安定剤)、セテアリルグルコシド、クエン酸、植物系エッセンシャルオイル(苦味オレンジ、グレープフルーツ、マンダリンオレンジ、ガルバヌム[アギ、オオウイキョウの仲間]、ラベンダー、しょうが)、メチルパラペン、プロピルパラペン


取り扱い注意

・ 皮膚に異常を感じた場合、直ちに医師にご相談下さい。
お子様の手の届かないところに保存してください。

レビバ(Reviva) 大豆から抽出したイソフラボンたっぷりの若返り美容液

◇このウェブサイトで紹介しているインフォメーションは医師又は薬剤師からの指示とは異なるのでご使用の際には必ずパッケージあるいは添付されているむ文書をお読みください。 今までにアレルギー症状を起こされたことのある方、あるいは現在医師の治療を受けておられる方は医師又は薬剤師にご相談ください。

Copyright(C)nyoutlet. com All Rights Reserved.