www.nyoutlet.com
ケセルチン+C(Quercetin +C) ヨーロッパではおなじみの成分「ケルセチン」で、苦しい花粉症も乗り切れる! 効能>>> 花粉症改善・抗酸化

ケセルチン+C(Quercetin +C) ヨーロッパではおなじみの成分「ケルセチン」で、苦しい花粉症も乗り切れる!
Twinlab
Quercetin+C
ケルセチン+C
$39.00(送料込み)
100カプセル


ケセルチン+C(Quercetin +C) オーダー

参考為替レートチェック
只今の為替レートチェックはコチラまで。

ヨーロッパではおなじみの成分「ケルセチン」で、苦しい花粉症も乗り切れる!

鼻水がとまらない、目がかゆいといったアレルギーの諸症状を抑えるサプリメントとして定番になったいるのがケルセチン。 花粉症の他、ハウスダストアレルギーやぜんそく患者が悩まされる季節の変わり目の不調にも効果的です。

ケルセチンは、過敏に反応しがちな目、鼻、喉の粘膜細胞を安定化させ、アレルギーを引き起こす「ヒスタミン」という物質を出にくくする働きがあり、この仕組みは抗アレルギー薬と同じなので、「天然の抗アレルギー薬」としてアメリカで有名です。

ケルセチンは、玉ねぎやリンゴなどの多くの野菜や果物に含まれる天然の色素成分。 しかしアレルギー症状を緩和させるには、普通の食事から取るには難しく、症状が出そうな時期の数週間前から400mgのケルセチンを1日800mgの摂取が薦められています。

また、ビタミンCが配合されていますので、免疫力を高め体内システムを強化してくれます。

ケルセチンって?
ケルセチン(クエルセチン)はヨーロッパでかなり研究の進められている主に柑橘類から採れるフラボノイドで、花粉症の炎症を緩和するといわれています。10年ほど前にドイツが国をあげて研究を行ったコミッションEというハーブの効果を検証する実験でもこのケルセチンは非常に高い花粉症の炎症を抑える効果を発揮しました。ケルセチンは抗酸化剤としての効果とアレルギーへのしきい値を引き上げる効果が強いため、花粉症以外の時期にも飲んでおく必要がある即効性としては薄いフラボノイドです。

ケルセチンはポリフェノールの中でも特に脂肪吸収抑制効果が強く、体内の脂肪を排出するサポーター的働きをします。肝臓での脂肪代謝を高め、脂肪燃焼をアップする黄色の色素成分で、消化管で脂肪と結合し脂肪の吸収を抑制します。また強い抗酸化作用を持ちます。

ケルセチンは、リンゴや緑茶のほか、タマネギ、赤ワイン、松の葉などにも含まれています。近年では、ぜん息や花粉症などを抑える薬として使われていますが、前立腺がんとの関連もわかってきました。またこの成分は脳細胞伝達物質を強化してくれますので、ボケの防止にはとても効果的と考えられています。

ケルセチンの働き:
・花粉症の炎症を緩和
・抗酸化作用
・アレルギー抑制
・肝臓・胃腸などでの脂肪吸収抑制
・抗がん作用
・ボケ防止



■使用方法

1日2錠を服用してください。



■配合成分(2カプセル中)

ケルセチン 500mg
ビタミンC 1400mg


取り扱い注意

・ 明記された使用量をご利用下さい。
・ 薬をお飲みの方はご使用前に医師にご相談下さい。
・ 妊娠中、授乳中の方はご使用前に医師にご相談下さい。
・ お子様の手の届かない場所に保管してください


ケセルチン+C(Quercetin +C) ヨーロッパではおなじみの成分「ケルセチン」で、苦しい花粉症も乗り切れる!

◇このウェブサイトで紹介しているインフォメーションは医師又は薬剤師からの指示とは異なるのでご使用の際には必ずパッケージあるいは添付されているむ文書をお読みください。 今までにアレルギー症状を起こされたことのある方、あるいは現在医師の治療を受けておられる方は医師又は薬剤師にご相談ください。

Copyright(C)nyoutlet. com All Rights Reserved.