バイオアスティン アスタキサンチン BioAstin Astaxanthin

www.nyoutlet.com
バイオアスティン アスタキサンチン BioAstin Astaxanthin アスタキサンチン(Astaxanthin) 活性酸素から身を守る抗酸化物質の決定版!! ピクノジェノ−ルと同様に注目度の高い抗酸化物質アスタキサンチン(Astaxanthin)は、血液や肌のサビ防止や、脳や目の疲れに発揮します。 効能>>> 抗酸化、美肌、脳や目の疲労回服

バイオアスティン アスタキサンチン BioAstin Astaxanthin アスタキサンチン(Astaxanthin) 活性酸素から身を守る抗酸化物質の決定版!! ピクノジェノ−ルと同様に注目度の高い抗酸化物質アスタキサンチン(Astaxanthin)は、血液や肌のサビ防止や、脳や目の疲れに発揮します。
Nutrex
バイオアスティン アスタキサンチン
BioAstin Astaxanthin
(4mg)
$35.00(送料込)
60ソフトジェル

バイオアスティン アスタキサンチン BioAstin Astaxanthin オーダー


参考為替レートチェック
只今の為替レートチェックはコチラまで。
活性酸素から身を守る抗酸化物質の決定版!!

ピクノジェノ−ルと同様に注目度の高い抗酸化物質アスタキサンチン(Astaxanthin)は、血液や肌のサビ防止や、脳や目の疲れに発揮します。


鮭、イクラ、エビ・カニ類の赤い色など自然界に豊富に存在する赤色色素であるカロチノイドのひとつ。その抗酸化力はビタミンEの約1000倍に相当し、自然界最強の抗酸化作用を有する物質といわれています。血流に乗って全身へ運ばれ,さらに選ばれた物質しか通過できない血液脳関門という組織も通過できるので、脳組織も含め、全身で抗酸化力を発揮し、血管の老化といえる動脈硬化を抑えます。また、脳内で睡眠調節をしているメラトニンの酸化を防いで正常な睡眠リズムを維持する作用があることが明らかになっており、不眠症や時差ボケの効果や、痴呆の進行に伴う夜間徘徊といった症状を改善する作用が期待されています。

こんな方に・・・
生活習慣病を気にする方、美容を心がけている方、更年期の方、睡眠リズムを整えたい方

最近になって、心筋梗塞、痴呆症、眼の疾患やがんなど、様々な生活習慣病の原因として活性酸素が挙げられるようになってきました。
人間が生きていく上で欠かせない酸素。しかし、その酸素でエネルギーを生産するときに発生する活性酸素は、物質を酸化させる性質をもっています。そして、それこそが多くの生活習慣病の原因となっているのです。

元来、人間には活性酸素から身を守る機能(スカベンジャー:抗酸化物質)が備わっています。ところが、年齢を重ねる毎にスカベンジャーを生産する機能も低下し、活性酸素に対抗する力が落ちてしまいます。そのことから以前は「成人病」と呼ばれていたものが、食生活の変化や生活サイクルの変化により「生活習慣病」と呼ばれるようになり、今、若い世代にも襲いかかってきているのです。

体内で合成できなくなった物質は、体外から補う、という方法があります。活性酸素に対抗し得るものとして、ビタミンA,C,E及びB群などは既によく知られていますが、最近になって注目されはじめたのがカロテノイド(ベータカロチンやアスタキサンチンなど)やポリフェノール(カテキン、ケルセチンなど)、フラボノイド、セレンなどです。


バイオアスティン アスタキサンチン BioAstin Astaxanthin アスタキサンチン(Astaxanthin) 活性酸素から身を守る抗酸化物質の決定版!! ピクノジェノ−ルと同様に注目度の高い抗酸化物質アスタキサンチン(Astaxanthin)は、血液や肌のサビ防止や、脳や目の疲れに発揮します。アスタキサンチンは、自然界が生み出す代表的な色素の一つカロテノイドの一種で、キサントフィル類の仲間です。ヘマトコッカスなどの藻類に含まれるアスタキサンチンは、食物連鎖によりオキアミやサクラエビやサケの体に蓄えられ、イクラやすじこの美しい赤色を彩っています。

血液中の脂質が必要以上に増えた状態を高脂血症といい、血の流れが悪くなり動脈硬化の進行を早めてしまいます。アスタキサンチンは脂肪に溶ける性質を持ち、細胞の中に入り込んで活性酸素を消去し、脂肪でドロドロになった血液をサラサラにします。アスタキサンチンの抗酸化力はビタミンE(アルファトコフェロール)の500〜1000倍とも言われています。また、血液脳関門通過による脳内の毛細血管の血行改善および眼の疲労回復、膵臓を守ることによる糖尿病予防、ストレスから起こるガンの抑制、免疫力の正常化、そして太陽紫外線による活性酸素からお肌を守るなど、生活習慣病などはもちろん、健康を維持するうえで重要な栄養素といえます。


  ★アスタキサンチンの主な効用
  • 脂質の酸化防止(ベータカロチンの10倍以上)
  • 悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)の低下
  • 動脈硬化の予防・改善
  • 糖尿病性白内障の進行抑制
  • ストレス等による皮膚の免疫力低下の抑制
  • 紫外線による皮膚の酸化損傷防止、炎症の抑制
  • 一部がビタミンAに変換され、ビタミンA活性を示す

アスタキサンチンは、活性酵素の中でも特に毒性の強い「一重項酸素」の酸化反応と、体の組織を連鎖的に障害していく「過酸化脂質」の生成を抑制する力が強いことがわかっています。特に、一重項酸素酸化に対してはビタミンEの100倍以上、ベータカロチンの10倍以上の抑制効果が認められています。

〜活性酸素の種類〜
スーパーオキサイド 三大栄養素をエネルギーに変えるときに発生する。
過酸化水素(H2O2) スーパーオキサイドが、SOD酵素に分解されたときに発生する。これがスーパーオキサイドや金属元素と反応すると一重項酸素やヒドロオキシラジカルが発生する。
一重項酸素(IO2) 毒性の強い活性酸素、紫外線を繰り返し浴びると、皮膚の細胞で大量に発生する。
ヒドロキシラジカル(.OH) 一重項酸素と共に毒

■使用方法

1日1ソフトジェルを食事と共にお飲みいただくか、運動などの1時間前にお飲み下さい。



■配合成分


ビタミンA、ビタミンE、ナチュラルアスタキサンチン、ルテイン、サフラワーオイル、ゼラチン


取り扱い注意
  • 妊娠・授乳中の方は本品の使用前にかかりつけの医師の指示に従ってください。
  • お子様の手の届かない涼しく乾燥した場所で保管してください。
  • セーフティーシールが破損していたりない場合は使用しないで下さい。

◇このウェブサイトで紹介しているインフォメーションは医師又は薬剤師からの指示とは異なるのでご使用の際には必ずパッケージあるいは添付されているむ文書をお読みください。 今までにアレルギー症状を起こされたことのある方、あるいは現在医師の治療を受けておられる方は医師又は薬剤師にご相談ください。

Copyright(C)nyoutlet. com All Rights Reserved.