■■ 【NYoutletメールマガジン No53】
■□■
■■□  http://www.nyoutlet.com
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓2004/05/02〓〓

今週のTimeの表紙を飾るほど米国では今、低炭水化物ダイエットが花盛り。NYCのスーパーマーケットでも「Low Carb」(低炭水化物)のラベルが貼られた食品が所狭しと陳列されています。ファーストフード店もこぞって低炭水化物の新商品を打ち出しています。この低炭水化物ダイエットの先駆者は、NYアウトレットでも以前から取り扱っている、故アトキンス博士。彼の理論は画期的な体内のエネルギー燃焼のセオリーが基本。Dr. Atkinsによれば、人間のエネルギーは炭水化物 (carbohydrate) から作られる「グルコース」と「脂肪 (fat) 」の2つのエネルギー源から作られる。Dr. Atkinsは「一方のエネルギー源をなくしてしまえば、もう一方のエネルギー源が完全燃焼する効率が高くなり、肥満の元である使われないエネルギーがなくなる筈」と考え、「炭水化物の摂取をできるだけ削除する」というダイエット方法を編み出した。彼の理論では、従来のダイエット方法では摂取が制限されていた肉や魚、チーズや卵などの高タンパク、高脂肪のものを中心に食べて、メインのエネルギー源とし、米やポテト、パン、パスタなどは制限するというもの。彼の理論をバックアップするかのごとく、ジュリア・ロバーツやブラッド・ピット、ジェニファー・アニストン夫妻のようにハリウッドセレブ達の数々のダイエット成功例で、一躍世界の注目を浴び、ブームに。ただ、この風潮を好ましくないと思っている専門家が多いのも事実。その中には、「低炭水化物でのダイエット方法で米国人の体重は一向に減っていない。むしろ肥満問題はますます深刻になっている。脂肪摂取が増え、心臓病が増加する恐れがある」と警告。確かに、今までのダイエット=「ローファット(低脂肪)、ノーファット(無脂肪)」が当然だった中、アトキンスのダイエット方法が免罪符のようになってしまい、皮肉にも人々は安心してますます脂肪分を取る方向になったともいわれています。そうなると野菜や果物、それに食物繊維の摂取も少なくなり、さまざまな病気が増えるとの懸念も。ただ、どんなダイエットであれ、やりすぎ=偏りすぎる、のはいけないというのは当然だと思うのですが...。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NYO 04月のランキング
……………………………………………………………………………………………


1位 HGH Plus
http://www.nyoutlet.com/hgh.html


2位ストレッチマーククリーム
http://www.nyoutlet.com/striae.html


3位 フェイスリバース
http://www.nyoutlet.com/facereverse.html

4位 ホワイトストリップス・プレミアム
http://www.nyoutlet.com/crest-whitestripspremium.html

5位 ザントレックス3
http://www.nyoutlet.com/zantrex3.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.新着商品のご案内
……………………………………………………………………………………………


[機能サプリ]----------------------------
ネイザルガード・NasalGuard
このアメリカで特許取得のウォータージェル状の「NasalGuard」は、マスク無しでも花粉やほこりといったアレルギー物質が鼻に入り込んでくれるのを未然に防げるという画期的なアイテム!鼻の周りに塗るだけなので、薬の投与でもないので、副作用もござません。ウォータージェル状で、透明、無臭なので、お気軽にご利用頂けます。
US$32.00(送料込)
http://www.nyoutlet.com/nasalguard.html

[パーソナルケア]----------------------------

ラヴィリン・Lavilin
1週間に1度塗るだけでOK!ニオイの元に直接作用。しかも1回の使用で7〜15日の効果がある、今までにない画期的な天然成分消臭クリームです。“ラヴィリンの消臭クリーム”は、ニオイの原因となるバクテリアを中和しニオイの元をなくしてしまうので、お風呂に入ってもプールで泳いでも効果が持続します。わき用と足用がございます。
US$37.00(送料込)
http://www.nyoutlet.com/lavilin.html


[ナイトライフ]----------------------------

ビリリティーパッチRX
Virility Patch RX は性欲とパフォーマンスを促進させることで知られる多くのハーブを含む完全にナチュラルなハーバルパッチ。ウルトラ濃縮フォミュラが含まれていて、ボディへ直接貼り付けるタイプの小さな経皮パッチなので、消化システムを通る必要がない分、成分が効果的に体内に吸収されます
US$42.00(送料込)
http://www.nyoutlet.com/virilitypatchrx.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.今月のプレゼント
……………………………………………………………………………………………

Vita-KDark Circles Under Eyes(バイタK−ダークサークルアンダーアイズ)
 http://www.nyoutlet.com/vitaK-eye.html
 6名様(締め切り:05月31日)

*4月と5月にそれぞれ3名様ずつ発表させて頂きます。

臨床研究でも効果が実証された目の下のクマ取り専用ジェル。すっきりとクマを目立たなく薄く消してくれることで5〜10歳は若返ると人気の本品。隠すのではなく、鋤脈を強化するビタミンKが肌を健康的にしていきます。

プレゼントのお申し込みはコチラまで→ http://www.nyoutlet.com/present.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.お客様からの体験談
……………………………………………………………………………………………


★DHEA http://www.nyoutlet.com/dhea-cream.html
Vita-K・ダークサークルアンダーアイズ http://www.nyoutlet.com/vitaK-eye.html
M.H.さん(埼玉)
現在DHEAクリームを使用していますが、肌の色が明るくなりとても感謝しています。以前ネットのドクターズコスメでリンクルケア商品を使用した際、ホルモンバランスが崩れて男性なのに乳首が痛くなる症状がでましたが、この商品は副作用がないとのコメントどうり使用感もよく、コンピュータ作業のせいで、目の青クマで大変困っていた私に笑顔が戻りました。VITA-Kと一緒に使っている為か、外出時に鏡で見たときや、窓ガラスに映る自分の顔が戻っているのを見て効果を実感しています。
M.H.さん、投稿誠にありがとうございました。


★エルサン・Elusun http://www.nyoutlet.com/elusun.html
NYOスタッフ・宮尾(NY)
毎年なぜか日焼けも均一に出来ず、逆に肌にしみやほくろが出来るありさま。でも春先になると、アメリカではスプリングブレイクやショートバケーションなどでこの季節日焼けを先取りする人達がいるので、ついつい懲りずに「今年こそは...」、と自分も思っておりました。そんな中、楽しみにしていたエルサンが入荷し、早速試してみたところ、一箱(一ヶ月)が終わる位になんとなく肌の色が変っていくのを実感しました。そして今2個目ですが、だんだんと肌色が濃くなってきています。それも日焼けローションのように人工的なオレンジ色ではなく、本当に自然な感じです。又、配合成分、オメガ3のお陰からか、いつもは季節の変わり目は肌が痒くなったり乾燥しやすくなったりするのですが、それもなく、逆にしっとりとする感じで調子が良いようです。さすが日焼け先進国・フランスで長年指示されている商品だと納得してしまいました。

★ケロコート http://www.nyoutlet.com/kelo-cote.html
ケロコートの体験者の新しい写真もアップしております。


===================================
===================================
○「NYoutlet メールマガジン」は過去に「NYoutletメールマガジンを受け取る」にチェックをした方、もしくはプレゼントに応募された方を対象に送信しております。

○購読中止はこちら:
http://nyoutlet.com/mmag/index.html
※購読中止、またNYoutletメールマガジン購読の登録情報変更等の完了までに約1週間ほどかかることがございます。予めご了承ください。

○お問い合わせ先: info@nyoutlet.com
○発行:H MIYAO COMPANY
85 4th Ave., Suite 5K, New York, NY 10003 USA
Tel: 212-533-7134 Fax: 212-388-1247
(C)nyotulet.com. All Rights Reserved
本誌に掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
===================================