ストリベクチンSD STRIVECTIN-SD


www.nyoutlet.com
効能>>> 肉割れ、セルライト、妊娠線の解消
StriVectin-SD(ストリ・ヴェクチン-SD) 現在アメリカで最もブレークしているシワとりクリームの一つ。妊娠線,皮膚線条(線状萎縮)を集中的に修復します。

KLEIN BECKER
ストリベクチンSD

STRIVECTIN-SD
$135.00(送料込)
内容量:177.0ml(6oz)

ストリベクチン オーダー

参考為替レートチェック
只今の為替レートチェックはコチラまで。

現在アメリカで最もブレークしているシワとりクリームの一つ。妊娠線,皮膚線条(線状萎縮)を集中的に修復します。

はっきり目立つ皮膚線条の長さ、深さ、きめを劇的に修復することが評判となり、ビバリーヒルズやニューヨークの大手デパートでも大人気! 毎月20万本以上の販売数をあげています。 また、もともと『妊娠線を消す』商品だったのですが、 眉間のシワにつけるとしわが消えたという噂がたちその後臨床研究したところ、やはり効果が実証されて アメリカでは『ボトックス注射以上の効果』と言われ、売り上げに拍車をかけています。

【ボトックス注射とは】
現在日本の美容整形外科でシワとり効果として使用されているもの。ボトックスとはボツリヌス菌が産生する毒素を加工して作られた医薬品で、以前から顔面神経痙攣や筋緊張生萎縮などの疾患に適応されてきました。そのうち表情筋によるシワが消失することも偶然発見され、美容外科領域に応用されることになりました。


ストリベクチンSD アイクリームはコチラから
ストリベクチンHS セラムはコチラから

◎期待される効果:

眉間のシワの減少

妊娠線の長さの減少

皮膚表面の凹凸を滑らかにします。
コラーゲン生成を刺激し増加させる。

ストリベクチンSD + アイクリーム セット
KLEIN BECKER
ストリベクチンSD+アイクリーム セット

STRIVECTIN-SD + Eye Cream
$208.00→$198.00(送料込)

ストリベクチンSD + アイクリーム セット オーダー

参考為替レートチェック
只今の為替レートチェックはコチラまで。


アメリカでの臨床実験の主な結果

シワの長さが13%減 コラーゲンタイプIV(表皮と真皮の間)357%増加
シワの深さが52%減 グルコサミノグリカン267%増加
肌の変色部分がクリアに 肌表面の凹凸を目立たなくする
コラーゲンタイプI(*1)(真皮層部分)117%増加 肌に厚みを持たせる


■使用方法
  • 1日3回ストレッチマークの気になる清潔で乾いた肌に塗り込んで下さい。
  • 肌に完全に吸収されるまで円を描きながら力強く塗り込んで下さい。
  • 24時間以内に3回以上の使用はお避け下さい。

■配合成分


脱イオン水, C12-15アルキルアルキル・ベンゼン, ごま油, カプリリック/カ  プリック・トリグリセリド, スイートアーモンドオイル, セテアリル・オリベート, ソルビタン・オリベート, 線条治療用錯体(フィランタス・エンブリカの実のエキス、シーゲスベッキア・オリエンタリスのエキス, メタクリル酸ポリグリセリル, プロピレン・グリコール, パルミトイルオリゴペプチド, グルコサミンHCL, 藻(類)エキス, 酵母エキス, 尿素, ポリエチレン・フリコール, ハイドロコチル・エキス, コーンフラワー・エキス, 加水分解した小麦蛋白, 加水分解した小麦のデンプン, チガヤの根のエキス, ベアーベリー・エキスおよび甘草プロチオンアミド(PTH), グリセリン, PPG-12/SMDI共重合体, ステアリン酸グリセリルおよびステアリン酸ポリエチレングリコール-100, ココアバター, ステアリン酸, シアバター, 酢酸トコフェロール, マンゴーバター, ペパーミントオイル, メチルパラベン, キサンタンガム, プロピルパラベントリエタノールアミン, ブチレングリコール,エチレンジアミン4酢酸2ナトリウム, レチニル・パルミテート, アスコルビン酸4ヘキシルデシル。


 使用上の注意
  • 妊娠中の方または授乳中の方は使用しないで下さい。
  • 既往症のある方は必ずかかりつけの医師に相談の上ご使用ください。
  • 開封後は涼しい直射日光が当たらないところで保管してください。
  • お子様の手の届かないところに保管してください。
  • お肌の弱い方はパッチテスト(ひじの裏などで)を行ってからご使用下さい。

ストリベクチンSD STRIVECTIN-SD

◇このウェブサイトで紹介しているインフォメーションは医師又は薬剤師からの指示とは異なるのでご使用の際には必ずパッケージあるいは添付されているむ文書をお読みください。 今までにアレルギー症状を起こされたことのある方、あるいは現在医師の治療を受けておられる方は医師又は薬剤師にご相談ください。

Copyright(C)nyoutlet. com All Rights Reserved.